栃木県宇都宮市の内科,消化器科,小児科,外科のクリニックです.

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

 内視鏡検査を行っています。
 お鼻からでも、口からでも。
 症状がある方は、医療機関を受診してください。
 胃内視鏡検査をされる方はご連絡ください。
 なお、当院では静脈麻酔薬・鎮静剤などの点滴による麻酔を使っての内視鏡検査は行っていませんので予めご了承ください。

 当院は、宇都宮市胃がん検診内視鏡検査でおこなっています。また精密検査医療機関の指定を受けており、バリウム検査などの一次検診で要精査の判定の方は当院で胃内視鏡検査をおこなうことが可能です。

 当院は、経鼻内視鏡を用い 「鼻から」 内視鏡検査もおこなっています。経口内視鏡(口から)による検査も可能ですのでご予約の際にどちらによる検査がご希望かお申し出下さい。問診などにより、経鼻内視鏡検査が施行できない場合もございますのでご了承ください。
 特に鎮静剤を使用して(検査中に眠っているなど)検査をおこなっておりません。
 内視鏡をスムーズに挿入できるように、検査に先立ち前処置を行います。その後に内視鏡検査を行います。検査の際には、左向きにベッドに横になっていただきます。
 内視鏡を鼻(あるいは口)から挿入し、内部を観察します。ポリープなど異常所見があった場合は、必要に応じて組織を採取(生検)し病理組織検査を行う場合があります。
また、内視鏡検査では、その診断技術だけでなく内視鏡機器の洗浄法など、その質が問われています。当院ではその質にこだわって皆様に安心して検査を受けて頂けるよう努めています。

(関連サイト)鼻からいれる内視鏡検査(富士フイルムメディカル)

鼻からj.p


検査のながれ

前処置をした後、お鼻からそおっとカメラを挿入します。

前日

・前日の食事は、夜9時までに済ませてください。
・夕食は消化の良いものにしてください。
・水分は寝る前まで飲まれて結構です。

当日

・食事・飲み物は摂らずに来院してください。
・血圧の薬は、少量の水で内服してください。
・麻酔を使用する場合がありますので、車での来院はおすすめしまん。
来院後(経鼻内視鏡、経口内視鏡でそれぞれ前処置が異なりますので、ご説明します)

検査前

・喉に麻酔をかけます。
・リラックスできた状態から検査を始めます。
・左横向きになっていただき、鼻から麻酔薬を塗った細いチューブをいれます。
・麻酔がきいたことを確認して、検査の前に細いチューブは抜きます。

検査中

・ 内視鏡室のベッドに横になり、5分から10分ほどで検査は終了します。 
・粘膜の性状により色素を散布したり、ポリープなどの病変が見られた場合には組織生検を行う場合があります。

検査後

・検査終了後は、診察室で、食道・胃の内部を撮影した写真をモニターで見ながら検査結果をご説明します。
・飲水、食事は検査後1時間後から可能です。組織検査(生検検査)を行った場合は1時間半後から可能です。その他、検査医師の指示にしたがってください。組織検査をうけられた方は、2時間は飲食しないでください。組織検査を行った場合には約10日から14日後に検査結果をご説明します。




ページトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional