栃木県宇都宮市の内科,消化器科,小児科,外科のクリニックです.

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン

 現在、狂犬病ワクチンの入荷が困難であり、ご予約いただきましても入荷が困難で早々の接種ができません。


接種スケジュールなど

生後6ヶ月以上で接種できます。
曝露前免疫について
4週間間隔で2回接種し、6か月~12か月後に追加接種します。
一年後に追加接種をすると、5年間有効で、その後5年おきに接種すればよいと言われています。
接種回数が1-2回のみでは、効果は不十分だと考えられています。

曝露後免疫について
第1回目(0日)の後3,7,14,30および90日の計6回皮下注射する。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional