栃木県宇都宮市の内科,消化器科,小児科,外科のクリニックです.

四種混合ワクチン

四種混合ワクチン

在、入荷が困難です。
ご予約をいただき接種をおこなっています。

 2012年11月1日より従来の三種混合ワクチン不活化ポリオワクチンをくわえた四種混合ワクチンの接種が開始されました。

接種スケジュール

  • 第1期初回
     生後3か月以上生後90か月(7歳6か月)未満の間に、20日(3週間)以上56日(8週間)未満の間隔をあけて3回接種を受ける。
    標準的接種年齢:生後3か月以上生後12か月未満
  • 第1期追加
     生後3か月以上生後90か月(7歳6か月)未満の間に、第1期初回終了後6か月以上の間隔をあけて1回接種を受ける。
    標準的接種年齢:第1期初回終了後12か月(1年)以上18か月(1年6か月)未満の間隔をあける)

四種混合導入後の対応は以下のとおりとなります。なお、四種混合、三種混合、不活化ポリオの接種回数・接種間隔はいずれも同じです。

  • 平成24年11月1日以降に生後3か月を迎える場合、または、三種混合、不活化ポリオ、生ポリオのいずれも接種していない場合
    → 四種混合を4回接種します。三種混合と不活化ポリオを接種する必要はありません。
  • 三種混合または不活化ポリオのいずれか、もしくは両方の接種を開始している場合
    →三種混合と不活化ポリオを最後まで(各4回)接種します。四種混合を接種する必要はありません。
  • 三種混合または生ポリオのいずれか、もしくは両方の接種を開始している場合
    →三種混合を最後まで(4回)接種します。生ポリオの1回目を不活化ポリオの1回目とみなし、不活化ポリオを3回接種します。四種混合を接種する必要はありません。
  • 三種混合と不活化ポリオを各4回接種している場合
    →四種混合を接種する必要はありません。
  • 三種混合を4回、生ポリオを2回接種している場合
    →四種混合、不活化ポリオを接種する必要はありません。






ページトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional