栃木県宇都宮市の内科,消化器科,小児科,外科のクリニックです.

ヒブワクチン

ヒブワクチン

ヒブワクチン予防接種をおこなっています。

ヒブによる細菌性髄膜炎の患者数は年間約600人といわれ、患者の25%に発達の遅れや聴覚障害などの後遺症を残し、5%が死亡する深刻な病気です。2008年12月ようやく日本でも接種が可能となりました。
生後2か月以降にできるだけ早く接種をすることをお勧めします。
 このヒブ感染症を引き起こす主な原因は、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型菌(Haemophilus influenzae Type b )という細菌です。この頭文字をとってヒブ(Hib)と呼ばれています。 他のワクチンの予防接種までは1週間あけます。
 
 ヒブワクチンは不活化ワクチンですので、次の他の種類の予防接種までの間隔は1週間以上あければ接種が可能です。ただし、ヒブワクチンと生ワクチンの同時接種をした場合は4週間あけることが必要です。
なお DPT(3種混合)ワクチンとの同時接種も可能です。

* 接種スケジュール

【接種対象者】 5歳未満
【接種料金 】 公費負担による接種は無料
【接種回数】 初回接種日の月齢で判断します。

2ヶ月~7ヶ月未満
      計3回(4~8週毎)+追加(1年後)1回
7ヶ月~12ヶ月未満
      計2回(4~8週毎)+追加(1年後)1回
12ヶ月~5歳未満
      1回
5歳以上   接種の必要はありません。






ページトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional