栃木県宇都宮市の内科,消化器科,小児科,外科のクリニックです.

アレルゲンの検査

アレルゲンの検査

 アレルギー疾患ではIgE(アイジーイー)という抗体ができますがこの計測にはRIST法、RAST法による検査の2種類あります。

RIST法

 血液の中の、正確には血清のすべてのIgEを計測する方法がRIST法による検査です。年齢とともに上昇しますが、アレルギー体質だとIgEの値は高く、アレルギー体質かどうかを見分ける重要な値となっています。

下記の表はIgEの基準値です。

年齢基準値
6ヶ月未満5IU/ml以下
1歳未満10IU/ml以下
1~3歳未満20IU/ml以下
3~5歳未満40IU/ml以下
5歳以上100IU/ml以下
成人170~200IU/ml以下




RAST法

特異な一定の物質に対する特異IgE値の計測法です。RAST検査は、アレルゲンを特定する上でとても有効な検査です。花粉やハウスダスト・食品など、それぞれのアレルゲンごとに、0~6の7段階のクラスに判別します。RAST検査が陰性であっても食物アレルギーを完全に否定することはできません・

下記の表はRAST法の判定基準です。

IgE抗体濃度(UA/ml)ラストクラス判定(+/-)判定(陰性/陽性)
0.34以下0陰性
0.35~0.691±疑陽性
0.70~3.492陽 性
3.50~17.493++
17.50~49.994+++
50.00~99.995
100以上6



ページトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional